1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ホープ、自治体がデジタル情報発信できるアプリをリニューアル

2016年8月16日

ホープ、自治体がデジタル情報発信できるアプリをリニューアル

自治体に特化したサービスを提供するホープは16日、アプリ「i広報紙」を9月中旬にリニューアルし、サービス名を「マチイロ」に変更すると発表した。アプリのリニューアルに先駆け、自治体広報キュレーションメディア「もっとマチイロ」を16日に開設した。

リニューアル概要 イメージ

リニューアル概要 イメージ

「i広報紙」は、自治体が無料でデジタル情報を発信することができるプラットフォーム。ユーザーは無料でアプリをダウンロードし、自治体の広報紙を読むことができる。2014年7月のサービス開始以降、約400自治体が導入した。

9月中旬のリニューアルでは、一度ダウンロードした広報紙を通信なしで読むことができるオフライン閲覧機能や、新着情報を知らせるプッシュ通知機能等を追加する。

推奨OS は、Android 4.0.3以上、iOS 8.0以上。

関連URL

公式サイト
もっとマチイロ
iOS版
Android版
Kindle版

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス