1. トップ
  2. ツール・教材
  3. SBT、Webフォントサービス「FONTPLUS」で新たに2言語を提供開始

2016年8月29日

SBT、Webフォントサービス「FONTPLUS」で新たに2言語を提供開始

ソフトバンク・テクノロジー (SBT) は26日、自社のWebフォントサービス「FONTPLUS (フォントプラス)で、韓国のJunglesystemとの協業により、新たに2言語のフォント提供を開始することを明らかにした。

sbt今回提供を開始するのはアラビア語、タイ語のフォント。すでに実装済みの中国語、韓国語と合わせて、「FONTPLUS」で提供されるフォントは5言語、総計800種類以上となる。

日本を訪れる外国人旅行者は増加傾向が続いているが、その多くが日本滞在中に言葉やコミュニケーションで不満や不便を感じたという調査結果もある。そこで、外国人旅行者にとって関心が高い食事、観光地、ショッピングなどの情報収集においては、Webサイトの多言語対応が求められている。SBTは、こうしたインバウンド需要の対応策として効果的なWebサイトの多言語化を、Webフォントで支援していく予定。

「FONTPLUS」は、インターネットを介してWebサイトを閲覧するユーザにフォントを配信するWebフォントのサービス。閲覧ユーザの端末にフォントがインストールされていなくても、Webサイト制作者側が指定したフォントをブラウザで表示することができる。用途やデザインに合わせたフォントを利用することで、Webサイトの「伝える力」を強化し、よりデザイン性の高いサイトを実現することができるという。

関連URL

「FONTPLUS」

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス