1. トップ
  2. ツール・教材
  3. SBT、Webフォントサービス「FONTPLUS」で新たに2言語を提供開始

2016年8月29日

SBT、Webフォントサービス「FONTPLUS」で新たに2言語を提供開始

ソフトバンク・テクノロジー (SBT) は26日、自社のWebフォントサービス「FONTPLUS (フォントプラス)で、韓国のJunglesystemとの協業により、新たに2言語のフォント提供を開始することを明らかにした。

sbt今回提供を開始するのはアラビア語、タイ語のフォント。すでに実装済みの中国語、韓国語と合わせて、「FONTPLUS」で提供されるフォントは5言語、総計800種類以上となる。

日本を訪れる外国人旅行者は増加傾向が続いているが、その多くが日本滞在中に言葉やコミュニケーションで不満や不便を感じたという調査結果もある。そこで、外国人旅行者にとって関心が高い食事、観光地、ショッピングなどの情報収集においては、Webサイトの多言語対応が求められている。SBTは、こうしたインバウンド需要の対応策として効果的なWebサイトの多言語化を、Webフォントで支援していく予定。

「FONTPLUS」は、インターネットを介してWebサイトを閲覧するユーザにフォントを配信するWebフォントのサービス。閲覧ユーザの端末にフォントがインストールされていなくても、Webサイト制作者側が指定したフォントをブラウザで表示することができる。用途やデザインに合わせたフォントを利用することで、Webサイトの「伝える力」を強化し、よりデザイン性の高いサイトを実現することができるという。

関連URL

「FONTPLUS」

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
DRONE STAR スターターセット 全員貰えるアンケートキャンペーン 学校・教育関係者対象 4/26(木)17時59分迄
EDIX2018 出展社特集 出店情報・商談予約 5月16日〜18日開催
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録