1. トップ
  2. 学校・団体
  3. SFCがネットと3Dプリンタつなぐシステムの運用開始

2016年8月4日

SFCがネットと3Dプリンタつなぐシステムの運用開始

ストラタシス・ジャパンは3日、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)が、「ファブキャンパス」の一環として、インターネットと3Dプリンタ群をつなぐMakerbot社のシステム「イノベーションセンター」の運用を開始したと発表した。

「イノベーションセンター」は、大学や組織がより迅速なイノベーションと、より緊密なコラボレーションを行うためにデザインされた3Dプリンティングシステム。

SFCでは、「イノベーションセンター」を新たなファブプログラムの一環として設置。単にデジタル工作機械を設置するだけではなく、インターネットとつなげたさまざまなオンライン学習や管理のシステムに活用していく。

今後、メディアセンターのファブスペースに設置された複数台のMakerBotの大学との遠隔授業、遠隔コラボレーションを検討していくという。

関連URL

SFCキャンパスファブスペース

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 札幌新陽高校 すらら×探求学習
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス