1. トップ
  2. 学校・団体
  3. SFCがネットと3Dプリンタつなぐシステムの運用開始

2016年8月4日

SFCがネットと3Dプリンタつなぐシステムの運用開始

ストラタシス・ジャパンは3日、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)が、「ファブキャンパス」の一環として、インターネットと3Dプリンタ群をつなぐMakerbot社のシステム「イノベーションセンター」の運用を開始したと発表した。

「イノベーションセンター」は、大学や組織がより迅速なイノベーションと、より緊密なコラボレーションを行うためにデザインされた3Dプリンティングシステム。

SFCでは、「イノベーションセンター」を新たなファブプログラムの一環として設置。単にデジタル工作機械を設置するだけではなく、インターネットとつなげたさまざまなオンライン学習や管理のシステムに活用していく。

今後、メディアセンターのファブスペースに設置された複数台のMakerBotの大学との遠隔授業、遠隔コラボレーションを検討していくという。

関連URL

SFCキャンパスファブスペース

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
DRONE STAR PROGRAMING 創造的課題と動画撮影が論理的思考を育むドローンプログラミングアプリ
EDIX2018 出展社特集 出店情報・商談予約 5月16日〜18日開催
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録