1. トップ
  2. データ・資料
  3. MMD、「スマホで普段していること」高校生の9割以上LINEと回答

2016年9月26日

MMD、「スマホで普段していること」高校生の9割以上LINEと回答

MMD研究所は20日、インテル セキュリティと共同で、高校生921人を対象に「高校生のスマートフォン利用実態調査」を実施し、その結果を発表した。調査期間は8月26日から8月31日。

スマートフォンで普段していること

スマートフォンで普段していること

高校1年生から3年生921人を対象に、所有している携帯電話端末について聞いたところ、携帯電話端末の所有率は96.8%で、そのうちスマートフォンの所有率は93.0%となり、2014年の同様の調査と比較すると13.5ポイント増えていることがわかった。

スマートフォンを所有している高校生857人を対象に、スマートフォンで普段していることを聞いたところ、「LINE」が92.1%と最も多く、次いで「インターネット検索」が88.8%、「音楽を聴く」が77.7%となった。普段勉強に使用していると答えた人は38.5%となった。

また、高校生の所有するスマートフォンの実態を明らかにするために、102人の高校生にスマートフォンのホーム画面のキャプチャを送ってもらい、「高校生のスマートフォンホーム画面分析調査」を実施した。

協力してくれた高校生102人の中で、一番多かったアプリジャンルはカメラ撮影やカメラ加工を含む「カメラ系アプリ」が81人、「LINE」が72人、音楽再生アプリ、ストリーミングアプリ、無料音楽アプリなどを含む「音楽系アプリ」67人のとなった。ちなみに、上位3つのアプリのドック内(スマートフォンの最下部固定部分)の数を確認したと、「LINE(40人)」が最も多く、次いで「カメラ(31人)」「音楽(22人)」の順になった。

関連URL

MMD研究所

申し込み・問い合わせ先

MMD研究所

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス