1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. サイエンス&プログラミング教室「感じる生命コース」10月から開設

2016年9月27日

サイエンス&プログラミング教室「感じる生命コース」10月から開設

スペースタイムは26日、自社の運営する子供向け「サイエンス&プログラミング教室Laccolla (ラッコラ)」で、シミュレーションを使った新規中級コース「感じる生命コース」を10月から開講すると発表した。

0927-lacoラッコラは、小学3年生から中学生までを対象に、サイエンスとプログラミングの2つの学びを融合した学習教室。2014年9月に開講した。

新コース「感じる生命コース」では、すべての生命体が38億年前から繰り返している刺激と反応の仕組みをサイエンスで学びながら、プログラミングによって自分オリジナルの生命体を作り、画面の中のシャーレで培養する。自分の作った生き物に加え、教室の仲間が作った生き物と共存させ、その変化をシミュレーションすることで、生き物の多様性を体感するのが狙い。

シュミレーションは、従来の解析的・分析的方法では複雑すぎたり、実際の実験では研究できないほどの時間や費用を必要としたり、危険性を伴ったりする現象について、豊かな洞察を与えてくれるものとして、現在ではさまざまな業界における問題解決のための基盤技術として欠かせないものとなっている。子供の理科離れが叫ばれ、また一方で、小学校からのプログラミング教育の義務教育化が進む中、シミュレーションを使った科学実験という切り口は、双方の理解を補充・強化する最高の機会であると考え、このカリキュラムの開発に至ったもの。

ラッコラでは、サイエンスの面白さとプログラミングの基礎を覚えるための初級コース、より応用的なプログラミングスキルを身につけ、シミュレーションによる反復実験を体験することができる中級教室を用意している。

入会金8640円、コース受講料2万7000円 (税込) 定員は各クラス16名
新コース・中級「感じる生命コース」は10月15日 (土) から隔週全5回、9:30~12:00

関連URL

「サイエンス&プログラミング教室Laccolla」

「感じる生命コース」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス