1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. イー・ラーニング研究所、学習機材としてタブレットを43台寄贈

2016年9月29日

イー・ラーニング研究所、学習機材としてタブレットを43台寄贈

イー・ラーニング研究所は28日、福島県南相馬市にある、みなみそうまラーニングセンター「ふみだす未来の教室」へフォルス学習システムと同社タブレット端末10台を、また、大阪府池田市にある「スマイルファクトリー」へ、33台を寄贈すると発表した。

0929-ell同社のタブレット端末「FORCE Tab」は、オリジナル教育コンテンツが20種類以上搭載された、ゲーム感覚で学習ができるeラーニング教材。小中学生向けの無料動画学習コンテンツ「スクールTV」も配信され、積極的なアウトプットを促すことで学習習慣の定着を目指している。

「ふみだす未来の教室」は、NPOトイボックスが、東日本大震災を経て困難な状況におかれている不登校、発達障害などさまざまな課題を抱える子どもたちを支援する施設。ICTを活用した学習支援、対人関係のトレーニングなどを行っている。

また、「スマイルファクトリー」は、同じくトイボックスが不登校、発達障害などの子どもたちを一般社会の中で自立した生活を送れるようにサポートしている教育支援施設で、2003年に池田市からの要請を受け、全国でも珍しい形の学校としてスタートした。

イー・ラーニング研究所は、児童の教育格差を是正するために、2008年から全国の児童施設へフォルス学習システムやパソコン・タブレット端末の寄贈活動を行っており、今回の寄贈は、同社の企業理念とこれらの施設の取り組みが一致したことから実現したもの。

同社では、今後も「学びたい」というニーズに応える生涯学習をeラーニングで提供することで、次世代を担う子どもたちの知的好奇心や人生を生き抜くために必要なスキルを養える場を提供していきたいとしている。

関連URL

「ふみだす未来の教室」

「スマイルファクトリー」

イー・ラーニング研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス