1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 愛媛大学附属高がHPと開発した「21世紀型プログラミング授業」を10月公開

2016年9月29日

愛媛大学附属高がHPと開発した「21世紀型プログラミング授業」を10月公開

愛媛大学附属高校は、2016年度から、ヒューレット・パッカード(HP)と開発に取り組んでいる「21世紀型プログラミング授業」の1回目となる公開授業を10月1日に行う。

「21世紀型プログラミング授業」は、企業から講師を迎え、プログラミング学習環境の「 Scratch(スクラッチ)」を使ってプログラミングを学ぶとともに、創造し、協働することで理解を深めていくという高校生向けの授業。

1回目となる公開授業は、10月1日に、日本HPの瓜谷輝之GPA部部長など4名を講師に迎え、愛媛大学附属高校の生徒13名を対象に実施する。

なお、この授業でプログラミングを学んだ高校生は、2カ月後、愛媛大学附属小学校の児童にその学びを伝える。附属高校生による附属小学生を対象とした特別授業(第2回)は、11月19日に附属小学校で開催する。

概要

日  時:2016年10月1日(土)13:30~16:30
会  場:愛媛大学附属高等学校4棟5階 情報演習室

関連URL

愛媛大学

Classi 教育改革期におけるICT活用を考える会 10.27(土)東京会場にて開催!
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス