1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「スタディサプリ」の学習量増加で学力向上 慶應大との研究結果

2016年9月6日

「スタディサプリ」の学習量増加で学力向上 慶應大との研究結果

リクルート次世代教育研究院は5日、慶應義塾大学の星野崇宏教授と共同で研究に取り組んでいる、「認知診断モデルによるスタディサプリ学習者の学力分析」の途中結果を発表した。

キャプチャ星野崇宏教授は、テストへの回答や行動データなどのデータから、”個人の理解や知識・認知”の内部状態を推定し、より効率の良い学習方法探る「認知診断モデル」を専門領域としている。

リクルート次世代教育研究院は、4月から、星野崇宏教授とともに、「認知診断モデル」を活用した学習者の学力分析の研究を開始。

今回、高校1年生の数学で、「認知診断モデル」に基づいた重要な学習要素(コンポーネント)毎に、オンライン講義動画サービス「スタディサプリ」と、学習習得率についての検証を行った。

検証結果からは、「スタディサプリ」の使用時間別に、コンポーネントの習得確率を算出したところ、学習量の増加に比例して、学力が向上していることが判明。

とくに、「基本的演算」「二次方程式の性質」で増加率が顕著に出ていることがわかり、基礎学習の効果がより顕著に現れていることがわかったという。

今後、両社は、コンポーネントの精緻化と学年や講座ごとの効果の可視化に取り組み、学習者へのフィードバックやコンテンツの改善などへ活用していく予定だ。

関連URL

リクルートマーケティングパートナーズ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想に対応した MDM VMware Workspace ONE
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス