1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 2足歩行ロボット使い子ども向け教育プログラムを開発するWS

2016年10月11日

2足歩行ロボット使い子ども向け教育プログラムを開発するWS

レンプロジェクトとスマイルリンクは、オープンソースの2足歩行ロボット「PLEN2(プレンツー)」を使った子ども向けワークショップを、10月22日から東京にあるスマイルリンクの工房で定期的に開始する。

czmjyxj0awnszsm0otmwmsmxnzezntkjndkzmdffb1jfy2raevlfci5qcgc

ワークショップの様子

プレンプロジェクトは、オープンソースの2足歩行ロボット「PLEN2」を開発、販売。「PLEN2」はソフトのソースコードだけでなく、3D設計データも公開されており、メカ部品を3Dプリンタで出力することができる。

スマイルリンクは、無線通信でスマートフォンやPCから出力が可能な3DプリンタNt100を開発、製造し、これまでも子ども向け3Dプリンタ教室などを実施している。

両社はそれぞれの強みを生かすかたちで、未来を作る子どもに科学技術に親しみを感じ、ロボットやIoTデバイスなどのハードウェアを作るきっかけにしてほしいと考え、これまで2回のワークショップを実験的に実施。

この検証作業を経て、ロボットなどのハイテクノロジー・ハードウェア設計に必要な基本内容を抽出し、3Dデザイン、3D造形、電気、制御、プログラミングなどを網羅する形でカリキュラムを開発することに合意した。

今後は、月1回のペースで、毎回テーマを変えて遊びながらロボット設計に必要なモデリング、ロボット操縦、電気、メカ制御、プログラミングなどを学ぶワークショップを開催し、カリキュラムと教材の完成を目指す。

ワークショップは、全6回を受けるとロボットの基礎が網羅できる内容になっているという。

初回のワークショップは10月22日に実施する。

関連URL

ロボットワークショップ

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス