1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ソニーの体験型科学館で「MESHワークショップ」を2月開催

2017年1月27日

ソニーの体験型科学館で「MESHワークショップ」を2月開催

ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」は、アプリとつなげるブロック形状の電子タグ「MESH(メッシュ)」のワークショップを2月25日に開催する。

これまでに開催したMESH ワークショップの様子

これまでに開催したMESH ワークショップの様子

MESHはソニーの新規事業創出プログラムから生まれた、誰でもかんたんにデジタルなものづくりができるツール。

無線でつながる小さなブロック形状の電子タグ(MESHタグ)を組み合わせることで、難しい電子工作の知識やプログラミングの知識がなくても、「あったらいいな」と思うIoTを活用した仕組みをつくることができる。

MESHタグは、それぞれ動きセンサー、ライト、ボタン、明るさセンサーなどのさまざまな機能を持ち、無線でMESHアプリとつながることができる。MESHアプリ上でこれらのタグを連携させ、自分で考えたアイディアが簡単に実現できるという。

2015年7月からこれまでに4回開催してきたMESHワークショップだが、今回は新たなチャレンジとして、「音の出る仕組み」を子どもたちに考えてもらい、実際につくってもらうという。

開催概要

開催日時:2月25日12:00~14:00、15:30~17:30(各回30分前に受付開始)
開催会場:ソニー・エクスプローラサイエンス内「スタジオSES」[東京都港区台場1-7-1 メディアージュ5F]
参加者:小学3年生から中学3年生の生徒と保護者、各回10組20人計40人
応募締切り:2月8日
参加費:無料。別途、入館料大人(16歳~)500円・小人(3~15歳)300円が必要

申込

関連URL

MESH

ソニー・エクスプローラサイエンス

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス