1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「子供の科学」11月号、付録に「科学の発見史」特大年表

2016年10月14日

「子供の科学」11月号、付録に「科学の発見史」特大年表

誠文堂新光社が発行する月刊誌「子供の科学」11月号(10月8日発売)では、未来へつなぐアーカイブとして、創刊から92年分の誌面から、選りすぐりの記事をピックアップ。「科学の発見史」を振り返る特大年表と、かつて少年科学者たちを夢中にさせた「実験傑作選」の付録が付いている。

『子供の科学』2016年11月号付録【科学の発見史・特大年表】

『子供の科学』2016年11月号付録【科学の発見史・特大年表】

2016年のノーベル賞では、東京工業大学の大隅良典栄誉教授が医学・生理学賞を受賞。3年連続で日本人研究者が受賞する快挙に、子供たちの間でも科学研究への興味関心が集まっているという。

「子供の科学」11月号の付録は、創刊から92年分の誌面とともに、科学の新たな発見を一気に学べる特大年表。日本人で初めてノーベル賞を受賞した湯川秀樹博士から始まり、過去の日本人ノーベル賞受賞者の歴史やインタビュー記事を振り返ることができるという。

付録と連動した特設サイト「未来へつなぐ子供の科学アーカイブ」では、付録に登場したアーカイブ誌面を拡大して見ることができるほか、現在、「子供のころに読んだあの記事をもう一度みたい!」というリクエストを募集中。リクエスト応募は10月31日まで。

「当時夢中でつくった自作望遠鏡の記事を見て、もう一度つくってみたい」、「私が応募した作品が、写真コンテストで賞をとって掲載された。その掲載号を探してほしい」など、当時の読者の思い出とともに、リクエスト記事を紹介していくという。

関連URL

「子供の科学」

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む STEAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス