1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. BYDとエナジード、教育現場で必要とされるAL型導入で業務提携

2017年1月31日

BYDとエナジード、教育現場で必要とされるAL型導入で業務提携

BYDとエナジードは30日、予想されている未来で戦う力を身につけるための教材「ENAGEED」をアクティブラーニング型授業として、学校現場や企業研修へ導入・実施するにあたり業務提携を決定したと発表した。

ENAGEEDをアクティブラーニング型授業で進めている様子

ENAGEEDをアクティブラーニング型授業で進めている様子

「ENAGEED」は、未来に予測されていることや社会に価値を生む方法など、用意された正解ではなく自分で見出した納得解を考える力を学生でも身につけることのできる教材。しかし、既存の教育にはない新しい教材であるため、実際の教育現場にどのように導入していくかが大きなポイントだったという。

そこで、「答えのないものを考える教材×答えのないものを考えさせる授業スタイル」という、学習効果の最大化を図り、「ENAGEED」を全国の小中学校・高等学校・塾などにアクティブラーニング型授業として導入するため、業務提携に至ったという。

関連URL

BYD

エナジード

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス