1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 小学校向けタブレット活用お助けツール「おてがるランチャーGoGo」

2017年2月14日

小学校向けタブレット活用お助けツール「おてがるランチャーGoGo」

セカンドファクトリーは13日、文教関係者向けWindowsタブレット専用のランチャー、ICT活用お助けツール「おてがるランチャーGoGo」の提供を1月から開始したと発表した。

LL_img_121464_1

おてがるランチャー画面イメージ

「おてがるランチャーGoGo」は国内に約90拠点の販売網を整備。法人に強い顧客基盤を持つダイワボウ情報システムから、全国の販売パートナーを通じて提案を実施することで、日本全国の学校への普及拡大を目指していくという。

「おてがるランチャーGoGo」はアプリケーションの起動補助。シンプルな画面構成で、使いたい機能を直感的に把握できる。また、アプリケーション上でファイルの整頓が可能。バッテリー残量、Wi-Fiの接続状況も一目でわかる。

さらに、画面を切り替えずにフォルダの中身を表示でき待ち時間がなく、授業でよく使うアプリケーションを事前に登録できたり、アプリケーション上で担当教員のフォルダを切り替えたりといった機能もある。

「おてがるランチャーGoGo」の利用には、セカンドファクトリーのホームページで該当ソフトウェアのダウンロードとDISが発行する「認証キー」が必要となる。

関連URL

セカンドファクトリー

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録