1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミング知育玩具Cubetto、伊勢丹新宿本店で15日から発売

2017年2月15日

プログラミング知育玩具Cubetto、伊勢丹新宿本店で15日から発売

キャンドルウィックは、イギリス発のプログラミング知育玩具「Cubetto(キュベット)」を、世界に先駆けて伊勢丹新宿本店で15日から発売する。

unnamed「Cubetto」は3歳から遊べるプログラミング知育玩具。開発・販売しているPrimo Toys(英国)のファウンダー兼CEOのFilippo Yacob(フィリッポ・ヤコブ)が13日に初来日し、メディアイベントを開催。 Primo Toysの考え方や教育メソッドを日本のメディアに伝えた。

同イベントでは、現在の日本政府の方針として検討されている、既存の教科の中にプログラミング教育の要素を取り入れて授業を行う方向性をふまえ、イギリスでの事例として、ブロックを使って関数の概念を理解する算数の授業や、イギリス人宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに飛び立った実際の話に絡め、探査機のミッションを「Cubetto」でシミュレートし、複雑な地球や惑星の話を楽しく教えるといった例が紹介された。

「Cubetto」は単純な構造で、言語も必要なく、科目横断的に使用でき、また文化的・宗教的・ジェンダーに偏ることなくデザインされているため、世界中の教育者や親に広く受け入れられ、90カ国以上の教育機関や個人で利用されているという。

15日からの発売にあわせ、27日まで、実際に「Cubetto」に触れて遊べるイベントを店頭で開催する。また、基本のプレイセットに加え、オプションのストーリーブック4冊、 マップ4冊がセットになった英語版アドベンチャーパックも同店舗で限定先行発売される。価格は8500円 (税別)。

関連URL

PRIMO公式ホームページ

日本版情報・購入ページ

Classi 教育改革期におけるICT活用を考える会 10.27(土)東京会場にて開催!
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス