1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「ソビーゴ」の教材が「小学館の幼児教室ドラキッズ」で導入開始

2017年3月16日

「ソビーゴ」の教材が「小学館の幼児教室ドラキッズ」で導入開始

ワイズインテグレーションは14日、子ども向けプログラミング教育プロジェクト「ソビーゴ」の教材の1つである「ソビー ゴ こどもブロック・プログラミング」を、小学館集英社プロダクションが全国展開する「小学館の幼児教室ドラキッズ」で、2月から導入開始したと発表した。

0315-sob2ワイズインテグレーションは、教材を全国約200教室に提供すると共に、小学館集英社プロダクションと共同で、カリキュラムの企画開発を行うという。

「ソビーゴ こどもブロック・プログラミング」は、記号化されたコマンドをデザインしたブロックを使い、 視覚的にプログラムを組み上げることが出来るビジュアル プログラミングアプリ。

0315-sob3まずは色々な絵(=コマンド)が描かれたブロックをつなぎ合わせて、学習用のシート上で人形を動かすことで、各ブロックのコマンド内容を知る。次にアプリ上で、リアルなブロックと同じデザインのブロックをつなげ、キャラクターを動かしてみることで、 プログラミングの概念を学ぶことができる。

教材の対象年齢は3歳から小学校6年生程度まで幅広く対応しているが、今回、「小学館の幼児教室ドラキッズ」では、3歳から6歳までの未就学児を対象とする。それに伴い、カリキュラムの中には、体を動かしながら学んだり、二人一組になって取り組むような、学齢に適したアクティビティを 取り入れ、論理的思考力や問題解決能力、創造力の基礎を育む授業を行っていくという。

関連URL

小学館の幼児教室「ドラキッズ」

プログラミング体験「ソビーゴ」

ワイズインテグレーション

小学館集英社プロダクション

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス