1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 塾に通う子どもの入退室管理アプリ「タブレット タイムレコーダー」

2017年3月2日

塾に通う子どもの入退室管理アプリ「タブレット タイムレコーダー」

ネオレックスは1日、同社のiPadアプリ「タブレット タイムレコーダー」に、習い事に通う子どもの入退室を、写真付きメールでリアルタイムに通知できる機能を追加したと発表した。

d13046-14-883982-0「タブレット タイムレコーダー」はiPadをタイムレコーダーにするアプリ。オフィスや店舗、工場、病院、ホテルなどで、給与計算のための勤務実績の記録と集計のほか、身だしなみのチェック、健康管理、同僚とのコミュニケーションなどさまざまな目的で利用されており、家庭や学習塾での利用も広がっているという。

今回の機能では、学習塾などへの出入りの際に、「タブレット タイムレコーダー」で入室・退室を記録すると、その時に撮影した顔写真を添付したメールを保護者に送信できる。

費用は、利用する人数に応じた初期費用のみで、月額費用は不要。学習塾などにおける入退室のメールシステムは多数提供されているが、写真付きのものはほとんどなく、また多くが月額利用料方式となっているため、同社では今回の機能提供により、多くの習い事教室のニーズに応えられるものと期待している。

費用は生徒10人ごとに1万円 (税別)。購入したライセンスはその時に利用する生徒分だけあればよく、卒業生の分は新入生分に振り分けることができる。また、生徒数が増えた場合には、10人単位でライセンスの追加購入も可能。さらに、3人までは無料ですべての機能を利用できる。

「タブレット タイムレコーダー」はApp Storeからダウンロードできる。ライセンスは、アプリ内からの操作で、App Storeを通してクレジットカード決済で購入可能。

関連URL

タブレット タイムレコーダー

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス