1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東大発のベンチャー「POL」が総額5000万円の資金調達

2017年4月26日

東大発のベンチャー「POL」が総額5000万円の資金調達

トップ大学の理系学生をダイレクトリクルーティングできる「研究室所属学生の研究データベース LabBase(ラボベース)」を提供しているPOLは25日、BEENEXT、CyberAgent Ventures、Draper Nexus、Beyond Next Ventures、エンジェル投資家から総額5000万円の資金調達を実施すると発表した。エンジニア・デザイナーの採用を強化し、さらなるサービス改善に取り組むという。

0426-lb

「LabBase」は、2017年2月にサービスをリリース。登録学生はトップ校を中心に700人以上(2017年4月時点)。そのうち33%が東大生、20%が東北大生、残りが北海道大学、東京工業大学、筑波大学、早稲田大学、慶應大学などの所属学生。理系が強いトップ大学の学生を中心に利用されているという。企業もAmazon Web Service、Sansan、電通デジタル、日産化学工業を筆頭に、約20社が利用。

POLの代表取締役を務める加茂倫明氏は現役の理系東大生。メンバーの多くは20歳〜22歳の学生だが、元ガリバーインターナショナル専務取締役や、元notari開発責任者など経験豊富な人材も。

今回の資金調達では、B2BのSaaSビジネスやHR分野に知見が明るいBEENEXTとDraper Nexus、アカデミアに知見やつながりがあるBeyond Next Ventures、学生向けマーケティングに力を入れておりクライアント候補となる企業とのつながりも強いCyberAgent Ventures、その他様々な知見を持ったエンジェル投資家と、POLの事業加速に必要なノウハウやつながりを持った投資家から総額5000万円の調達を行う。

調達した資金は、主に強いエンジニアとデザイナーのチームを創り、LabBaseのサービス改善と新規サービスの構築のために使う考えだという。

関連URL

POL

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス