1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. みんなのコード「プログラミング教育明日会議」全国10都市で開催

2017年5月18日

みんなのコード「プログラミング教育明日会議」全国10都市で開催

みんなのコードは17日、全国各地の教育委員会や地元企業と協力をして、小学校の教員・学校関係者向けに1日でプログラミング教育の背景を知り体験できる「プログラミング教育明日会議」を全国10都市で開催すると発表した。参加費は無料。

d15742-13-481011-1

ICT教育に注力する教育機関や地方行政の取り組みは増えているものの、全国2万校40万人の小学校の教員はプログラミング教育についての知見を得る機会が限られ、特に地方では、東京と比べプログラミング教育への取り組みの情報格差があるのが現状。

また、みんなのコードが学校の教員に対して「プログラミング教育を授業で取り入れる際に障壁だと思うもの」に関するアンケートを行った結果、約半数の教員が「学校内の体制や設備が整っていない」「市の財政面の課題」等の地方行政や学校全体の取り組みが課題と答えたという。

今回は初の試みとなる、教科の中でプログラミング教育を実施する模擬授業を実施し、1日でプログラミング教育未経験の学校の教員がプログラミング教育の背景を知り、実践まで体験していくほか、基調講演や各地域で意欲的にプログラミング教育を実践している教員による実践報告、全国から集ったプログラミング関連教材各社のプログラミング教材研究等を、学校の教員のみならず、地方行政や企業と協働で研究することで、地方に合ったプログラミング教育の普及の在り方を模索していくという。

各地のプログラミング教育明日会議への参加申込は、みんなのコード公式ホームページ上から。メールでの申込希望者は、所属(学校名)・氏名(漢字・カタカナ)・メールアドレス・電話番号・参加希望を明記のうえ、info@code.or.jpまで連絡する。

「プログラミング教育明日会議」の概要

開催日時: 2017年6月3日(土) ~2018年3月31日(土)
参加費:無料
参加対象:学校の教員・地方行政関係者
開催予定地:北海道、宮城、東京、長野、石川、愛知、大阪、島根、香川、福岡

詳細・申込

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス