1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「schoolTakt」にプログラミング教育用コンテンツが追加

2017年5月17日

「schoolTakt」にプログラミング教育用コンテンツが追加

コードタクトは16日、提供している授業支援システム『schoolTakt(スクールタクト)』に、プログラミング教育用コンテンツを追加したと発表した。

0516-st12020年度次期学習指導要領において、小学校においてプログラミング教育が必修化される中、プログラミング経験がない教師でも、簡単に児童生徒がプログラミング的思考を学べる授業を行うことができるようにするものだという。

「schoolTakt」に追加されたプログラミング教育用コンテンツは、用意されたテンプレートを利用することで、簡単にプログラミング的思考を学ぶ授業を行うことができる。また、身近な事柄からプログラミング的思考を学んでいくことができる。例えば「乗り物」を題材にして、アルゴリズムを議論し考えるものなど、プログラミング経験がない教師でも、簡単に児童・生徒にプログラミング的思考を学ぶ授業を行うことができるという。

さらに、「schoolTakt」を使うことにより、今までの授業を発展させ、児童生徒の考えを共有しあう事がより簡単に、より楽しく行うことができる。これからの世の中でますます必要とされるプログラミング的思考を、「schoolTakt」を使い「みんなで学び合う」ことが可能となる。

「schoolTakt」を導入している学校は、このコンテンツを利用するために追加申し込みは不要でコンテンツを無料で利用できる。

リリースにあたり、プログラミング教育の先駆者である小金井市立前原小学校 松田孝校長は、「schoolTaktのテンプレートにこれが加わったことで、これまでアンプラグドで行われていた活動が一層活性化することは必至です。だって子どもたち一人一人の考えがschoolTaktのシステムで一覧できるのですから。同じ課題解決にも様々な考え方があることがわかり、また協働で解決する場を簡単に拓くことができます。そして何より絵や模様を操作することもでき、子どもたちはTry & Errorを楽しむことだってできるのです」などと、推薦の言葉を寄せている。

関連URL

コードタクト

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス