1. トップ
  2. データ・資料
  3. SNS疲れが減った理由は「使い分けの上達」、ジャストシステム調べ

2017年5月19日

SNS疲れが減った理由は「使い分けの上達」、ジャストシステム調べ

ジャストシステムは18日、SNS利用による「疲れ」や「ストレス」に関する実態調査の結果を発表した。それによると、3人に2人が利用し始めよりも「SNS疲れ」の頻度が減ったと回答、減った理由は「使い分けの上達」と答えている。

fa_report-snstired-20170518.pdf-000043調査によると、Facebook利用者のうち65.1%が「Facebook利用によるストレスがある」と回答。年代別でみると20代、30代は7割を超え、10代は半数以下であった。また、Instagram利用者のうちストレスを感じている人は48.0%で、10代、20代は半数以上、40代、50代は4割以下となった。

「SNS疲れ」を理由に1年前と比べて利用頻度が減ったSNSを訊ねたところ、LINEがトップで40.2%、次いでFacebook (39.6%)、Twitter (31.6%) であった。年代別では、10代ではLINE、20代、30代ではFacebookが最も多くなった。

3人に2人が利用し始めよりも「SNS疲れの頻度が減った」と回答。減った理由として、4割以上の人が「SNSに慣れて、自分なりの使い分けができるようになった」と答えた。次いで、「SNSに慣れて、一つひとつのSNSに対して自分なりの使い方ができるようになった」、「いいね!などのリアクションに対して過度な期待を持たないようになった」などが挙げられた。

調査は今月12日~14日に、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して行われた。対象は、スマートフォンを使用する全国の10代~50代の男女1005名。

関連URL

調査結果レポート

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 札幌新陽高校 すらら×探求学習
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス