1. トップ
  2. データ・資料
  3. ネットの安全を子どもと定期的に話す保護者わずか16%、AVG調べ

2019年4月9日

ネットの安全を子どもと定期的に話す保護者わずか16%、AVG調べ

AVG Online Security Softwareは8日、子どものデジタル上での自立度 (Digital Independence) に関する調査結果を公開した。

同調査は、18歳未満の子どもを持つAVGユーザを対象に2018年下期にオンラインで実施したもの。全世界で9485人、日本の565人から回答を得ている。

それによると、子どもとインターネット上での行動について定期的に話し合っている保護者はわずか16%にしかすぎないことが判明した。世界平均は42%。

調査によると、45%の保護者がインターネットでの行動に関して、子どもと話し合うことはほとんどないと回答。インターネットの安全な利用についてあまり会話をしないと回答した保護者のうち、21%は「話したくない」、13%は「気まずい」と述べているという。6%の保護者は、「話し合いたいが、子供に拒否されている」と回答した。

デジタル上での自立の定義については、54%の保護者が「オンラインでの投稿・行動に関して、その意味や結果を理解し、完全に責任を負える状態」と答えている。さらに、13%の保護者は、各プラットフォームに適した投稿内容について話し合うことで、子どもがデジタル上で自立できると答えている。

また、子どもがデジタル上で自立しているとみなされる年齢については、世界平均(23%)、日本 (24%) ともに18歳と回答。2番目に多い回答として、世界平均では13%が19歳を選んだのに対し、日本の保護者の21%が16歳と答えた。12歳未満でもデジタル上で自立していると回答した保護者の割合は世界平均、日本ともに8%だった。

関連URL

AVG

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス