1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 埼玉県教委、県立高校139校にフルノシステムズの無線LANアクセスポイント導入

2019年4月9日

埼玉県教委、県立高校139校にフルノシステムズの無線LANアクセスポイント導入

フルノシステムズは9日、埼玉県の県立高等学校のICT基盤整備において、無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ) 1110」が採用されたと発表した。

「ACERA(アセラ) 1110」

「ACERA(アセラ) 1110」

埼玉県教育委員会では、2018年度から県内全ての県立高校を対象とする本格的なICT基盤整備に着手している。2020年度までの3カ年で、139校にタブレット端末とプロジェクター、アクセスポイントを導入する予定。2018年度には、35校で合計525台のACERA 1110を導入した。

タブレット端末は各校に44台、プロジェクターは全ての普通教室に設置。それらを稼働するためのWi-Fi環境を担うアクセスポイントは、各校に15台程度設置する計画。アクセスポイントは、普通教室の廊下に取り付けられ、1台で2教室をカバーする。

埼玉県ではアクティブ・ラーニングの一種である『協調学習』を取り入れた「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善に取り組んでおり、ICT活用によって生徒たちの自主性を育む教育環境の創出を推進していく方針だという。

関連URL

埼玉県教育委員会

フルノシステムズ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス