1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. FIF、中高生対象にMR使った『スポーツアイデアソン』8月開催

2017年6月19日

FIF、中高生対象にMR使った『スポーツアイデアソン』8月開催

フューチャー イノベーション フォーラム(FIF)は、中学・高校生を対象に、最新テクノロジー「MR(Mixed Reality:複合現実)」を使ってスポーツイベントを盛り上げるアイデアを考える『スポーツアイデアソン』を、東京・品川のフューチャーアーキテクトで8月2日に開催する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されるのを受け、 IT教育への関心が高まっているが、企業と連携して社会貢献活動を行うFIFは、ITを使って社会をデザインするイノベーティブな人材の育成を目指し、2006年の設立当初から、子どもたちを対象にしたプログラミング教室などを実施している。

今回初めて開催する本プログラムは、MRやVR(Virtual Reality:仮想現実)などの最新テクノロジーを用いて課題解決に取り組むもので、中高生に身近な「スポーツ」をテーマに取り上げる。

イベントでは、まず複合空間または仮想空間がどのようなものなのかを知るため、 一人ずつ専用のゴーグルを装着し、実際に体験する。その上でMR、VRなどの技術を活用し、障害者スポーツを含むスポーツイベントを楽しく盛り上げるサービスや新しい観戦スタイル、スポーツイベントが抱える課題を解決するアイデアをチームで考え、 発表。また優秀なアイデアは、実現に向けて継続的に検討していく予定だという。

実施概要

開催日時:2017年8月2日(水)10:00~16:30
開催会場:フューチャーアーキテクト [東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark 9F]
参加対象:中学2年生(14歳以上)~高校3年生 20名 ※応募者多数の場合は抽選。
応募期間:2017年6月16日(金)~7月12日(水)

詳細・申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス