1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. フォーサイト、宅建取引士講座でeラーニングに過去問題演習機能

2017年6月5日

フォーサイト、宅建取引士講座でeラーニングに過去問題演習機能

難関資格対策、大学受験対策の通信講座を運営するフォーサイトは2日、宅地建物取引士講座の受講生に提供しているeラーニング「道場破り」に、本試験の過去問題を解くことができる機能を追加した。

de065d5a26e778cce0372756946bca7a-300x285同社では紙と電子テキストで過去問題集を提供してきたが、2016年度「社会保険労務士講座」でeラーニングシステム「道場破り」に過去問題演習機能を実装したところ、受講生の合格率が大きく伸びる結果となった。これを受けて、「宅地建物取引士講座」での機能追加を実現した。638問を収録の予定 (2日時点では446問を実装)。

過去問題演習機能では、問題を解いた次の画面ですぐに全選択肢の解説を確認でき、その問題の正誤だけでなく、広い知識を身につけることができる。また、過去6回までの実施記録が残るため、苦手な問題が一目で分かる。逆に、正解が続き記憶が定着されたと思われる問題は飛ばすことで、試験範囲の広い難関資格でも効率的に学習が行える。

さらに、A~Dの難易度別で「表示する、しない」を選べるので、学習の進み具合に応じた演習が可能。絶対に落とせない簡単な問題を重点的に学習したり、多くの受験生が解けないであろう「捨て問」を省いて効率的な学習ができる。

資格試験に合格するためには、本試験の一定時間内に正答を導き出す力が必要で、問題解決力と処理速度の2つが欠かせない。同社では、「道場破り」での過去問題演習がそうした力を高め、受講生の合格率を上げることに寄与できると考えている。

「道場破り」はフォーサイト通信講座の受講生専用のeラーニングのため、ログインと利用にはIDとパスワードが必要となる。

関連URL

宅地建物取引士講座の詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス