1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Classiと岡山大、ビッグデータ解析で英単語学習意欲向上の実証事業

2017年7月14日

Classiと岡山大、ビッグデータ解析で英単語学習意欲向上の実証事業

Classiと、岡山大学 寺澤孝文研究室は13日、岡山県やその他の県の高校1・2年生に対し、「マイクロステップスケジューリング法」を活用した学習意欲向上を検証するための実証事業を6月から開始したと発表した。

マイクロステップスケジューリング法を活用した学習法実証研究の流れ

マイクロステップスケジューリング法を活用した学習法実証研究の流れ

同事業では、生徒が毎日10分、個々のスマートフォンやタブレットなどで英単語学習をする際、「マイクロステップスケジューリング法」で学習するグループと、英単語帳を順番に学習していく従来型の学習をするグループに分かれ、個々の英語スコアの上昇を比較する。

「マイクロステップスケジューリング法」が英単語力の向上にどう効果があるか、また、生徒個別の学習成果を可視化することで、学習意欲向上にどう寄与するかを検証する。

岡山大学 寺澤研究室が取り組んでいる「マイクロステップスケジューリング法」は、ビッグデータ解析によって、いつどのようなタイミングで学習し、テストをするかをスケジューリングすることで、個々の正確な学力が測れるようになる、独自のスケジューリング原理を用いた測定法。

これにより、日々の学力以外の要素(一夜漬けなど)の影響を除いた学力をより正確に、高い精度で測ることができるため、短い学習の積み重ねの効果を個々に可視化・フィードバックすることが可能になる。

また、寺澤氏の研究では、暗記学習で、一日に同じ単語を5回以上学習しても効果が検証できず、ごく短い時間の学習を継続的に行うことで、成績の伸びが見られることが判明しているという。

研究概要

実施時期:2017年6月~2017年12月末(状況により延長の可能性も)
実施内容:大学入試で必要とされる英単語のeラーニング
対象学年:岡山県、その他の高校の1・2年生

関連URL

Classi

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス