1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Classiと岡山大、ビッグデータ解析で英単語学習意欲向上の実証事業

2017年7月14日

Classiと岡山大、ビッグデータ解析で英単語学習意欲向上の実証事業

Classiと、岡山大学 寺澤孝文研究室は13日、岡山県やその他の県の高校1・2年生に対し、「マイクロステップスケジューリング法」を活用した学習意欲向上を検証するための実証事業を6月から開始したと発表した。

マイクロステップスケジューリング法を活用した学習法実証研究の流れ

マイクロステップスケジューリング法を活用した学習法実証研究の流れ

同事業では、生徒が毎日10分、個々のスマートフォンやタブレットなどで英単語学習をする際、「マイクロステップスケジューリング法」で学習するグループと、英単語帳を順番に学習していく従来型の学習をするグループに分かれ、個々の英語スコアの上昇を比較する。

「マイクロステップスケジューリング法」が英単語力の向上にどう効果があるか、また、生徒個別の学習成果を可視化することで、学習意欲向上にどう寄与するかを検証する。

岡山大学 寺澤研究室が取り組んでいる「マイクロステップスケジューリング法」は、ビッグデータ解析によって、いつどのようなタイミングで学習し、テストをするかをスケジューリングすることで、個々の正確な学力が測れるようになる、独自のスケジューリング原理を用いた測定法。

これにより、日々の学力以外の要素(一夜漬けなど)の影響を除いた学力をより正確に、高い精度で測ることができるため、短い学習の積み重ねの効果を個々に可視化・フィードバックすることが可能になる。

また、寺澤氏の研究では、暗記学習で、一日に同じ単語を5回以上学習しても効果が検証できず、ごく短い時間の学習を継続的に行うことで、成績の伸びが見られることが判明しているという。

研究概要

実施時期:2017年6月~2017年12月末(状況により延長の可能性も)
実施内容:大学入試で必要とされる英単語のeラーニング
対象学年:岡山県、その他の高校の1・2年生

関連URL

Classi

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス