1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 品川区と学研、タブレットPCを利用した電子図書館サービス開始

2017年7月24日

品川区と学研、タブレットPCを利用した電子図書館サービス開始

東京都品川区教育委員会と学研教育みらい、学研プラス、学研教育アイ・シー・ティー、ブックビヨンドは21日、タブレットPCを利用した「品川区トータル学習システム」事業において、電子書籍の図書館サービス「図書ライブラリー」の実証運用を開始した。同サービスは今年9月 (2学期) から本格運用を予定している。

品川区では、2014年9月に区内の小学校8校、中学校2校の全児童・生徒にタブレットPCを配布し、「品川区トータル学習システム」を実施している。タブレットPCを学校の授業での調べ学習、協働学習などに活用するほか、家庭に持ち帰っての自学自習 (家庭学習) の習慣づけも目的としており、学校の授業や家庭学習に利用できる学習コンテンツ、デジタル版の辞書、事典や学習管理システムを学研グループが提供している。

「図書ライブラリー」では、学研プラスが発行する書籍を、1人1台のタブレットPC上で「探す・借りる・返す・読む」ことができる。教科書と同じく、全員が同じ本を読むことができるので、授業や宿題、協働学習、朝読書など、幅広い学習に利用することが可能。

同ライブラリーでは80冊の読み物、学習まんが、図鑑などを配信しており、児童・生徒は1人10冊まで同時に校内のネットワークを通じて借りられる。借りた本はタブレットPCにダウンロードでき、自宅など校外利用も可能。冊数の上限を設けることで、借りた本を読みきる習慣を促すとしている。

なお、電子書籍コンテンツは、ブックビヨンドが提供する配信プラットフォーム「Beyond Publishing」で配信している。

関連URL

Beyond Publishing

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス