1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. キャスタリア、小中学生向けプログラミング学習環境『SwiftSwitch』公開

2017年8月3日

キャスタリア、小中学生向けプログラミング学習環境『SwiftSwitch』公開

キャスタリアは2日、QUANTUMの協力を得て開発した、小中学生の初学者向けプログラミング学習環境『SwiftSwitch』を公開した。

0803-ss
ブラウザ専用ツールである『SwiftSwitch』は、OSを問わず使用でき、親しみやすいキャラクターとストーリーによって、ゲームを進める感覚で楽しみながらプログラミングを学習できる。

最大の強みは、Swift というひとつの言語を使用して、ブロックプログラミングとコードプログラミングの両方を学習できること。ステージの始めに、ブロックモードとコードモードとを「Switch=切り替え」することができる。

『SwiftSwitch』では、ブロック表記とコード表記とを、Switch ボタンによって切り替えられるようにすることで、Swift というひとつの言語を通じてこれらを習熟することを可能にした。

関連URL

SwiftSwitch

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス