1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アップルがプログラミングを学べるアプリ「Swift Playgrounds」発表

2016年6月15日

アップルがプログラミングを学べるアプリ「Swift Playgrounds」発表

アップルは14日、楽しく簡単にプログラムの記述方法が学べる、iPad向けアプリ「Swift Playgrounds(スウィフト・プレイグラウンド)」を発表した。

「Swift Playgrounds」は、インタラクティブなインターフェイスを通じ、プログラミング初心者でもアップルが開発したプログラミング言語「Swift」を楽しく学べるアプリ。

「Swift Playgrounds」のプログラミングレッスンでは、パズルを解いたり、課題をクリアしたりすることを通して、プログラミングの主要概念を学ぶことができる。また、内蔵のテンプレートを活用して、簡単にプログラムを作成することも可能。完成したプログラムは、メールなどで共有したり、Webに公開したりすることもできる。

「Swift Playgrounds」のプレビュー版は、14日から、「Apple Developer Program」のメンバーに向けに、「iOS 10デベロッパプレビュー」の一部として提供。「Swift Playgrounds」の最終版は、今秋に、App Storeで無料配信される。

関連URL

APPLE JAPAN

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス