1. トップ
  2. ツール・教材
  3. Apple/プログラミング言語「Swift」をオープンソース化

2015年12月4日

Apple/プログラミング言語「Swift」をオープンソース化

Appleは米国時間で4日、同社のプログラミング言語「Swift」をオープンソースにしたと発表した。

Swiftは、2014年にAppleが発表した、iOSとMac向けのアプリを開発するためのプログラミング言語。

高性能で効率のよいコンパイル言語とスクリプト言語のシンプルさと対話性を合わせ持っているのが特徴。

Appleによると、大学や教育機関の一部が、コンピュータプログラミングの講座でSwiftを教え始めているという。

オープンソース言語化にともない、AppleはSwiftオープンソースに関する詳細な情報を提供するWebサイト「Swift.org」を立ち上げた。

関連URL

Apple

Swift.org

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス