1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. Apple、プログラミングが学べるアプリ「Swift Playgrounds」

2016年9月15日

Apple、プログラミングが学べるアプリ「Swift Playgrounds」

Appleは14日、誰でも楽しく簡単にプログラムの記述方法を学べる、iPad向けの新しいアプリケーション、Swift Playgrounds(スウィフト・プレイグラウンド)をApp Storeで無料提供を開始したと発表した。

Swift Playgroundsは、インタラクティブなインターフェイスを通じて本物のプログラミングのコンセプトを紹介し、生徒やプログラミング初心者でもSwiftを楽しく学べるように導くもの。SwiftはAppleが開発した簡単に学べるプログラミング言語で、プロフェッショナルなデベロッパがハイレベルなアプリケーションを作成する際にも実際に使っているという。

Swift Playgroundsアプリケーションは、これまでにプログラミングの経験のない生徒が、プログラミングの主要な概念を探求するのに親しみやすく、すでにプログラミングを学んでいる生徒にもSwiftを使って実験したりクリエイティビティを表現したりすることができるパワフルさもある。

Swift Playgroundsに含まれているAppleによるプログラミングレッスンでは、生徒たちは没入感のあるグラフィカルな世界の中で、画面に現れる3つのキャラクターをガイドするために、パズルを解いたり課題をクリアしながら、命令の出し方や、関数の作り方、ループの使い方、そして条件付きコードや変数といった、核となるプログラミングの概念を学ぶことができる。

Appleはまた、新しい個別の課題を定期的に出し、ユーザが新しいスキルを学び続けることができるようにする。

Swift Playgroundsには、テンプレートが内蔵されており、ユーザはそれらを土台に変更を加えたりコードを構築することができ、グラフィックスやタッチ操作のインタラクションを追加して、独自のプログラムに作り上げることができる。

完成したプログラムは、「メール」や「メッセージ」で友達と共有したり、ウェブ上に公開したりできる。さらにSwift Playgroundsは、実際にSwiftを使って書かれているため、プロジェクトをXcodeに直接書き出すことができ、実際に本格的なiOS、Macアプリケーションを作成することもできる。

関連URL

Swift Playgrounds

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス