1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LITALICO、発達障がい児を支援するスマホアプリ第5弾を配信

2017年8月24日

LITALICO、発達障がい児を支援するスマホアプリ第5弾を配信

LITALICOは23日、発達障がいの子どもを支援するスマートフォンアプリの新作として、子どもが言葉を理解する上で基礎となる、同じものの「マッチング」を楽しく学べるゲームアプリ「にゃんタップ (Crazy Kitty Tap) 」を、世界150以上の国と地域に向けて配信開始した。対象年齢は3歳から。iOS、Android対応で価格は無料。

小窓に表示された絵と同じネコをタップしてステージをクリア!

小窓に表示された絵と同じネコをタップしてステージをクリア!

「同じ」という概念を覚える「マッチング」は言葉を理解する力を育む上で効果的。同アプリでは「同じネコを探す」というシンプルなルールで、言葉を学ぶための基礎となる「シンボルとシンボル」のマッチングに特化して取り組むことができる。

また、低年齢の子どもの場合、フリック動作が難しいケースもあるため、タップ動作のみでシンボルのマッチングを学べるようになっているほか、正解・不正解などはエフェクトや音声により分かりやすくフィードバックすることを心がけて開発されている。

同社では「社会課題を技術で解決する」ことを新たな挑戦と位置づけ、今年4月からこれまでに、発達障がいのある子どもを支援するスマートフォンアプリを4作品配信しており、23日現在、世界で合計50万を超えるダウンロード数を記録しているという。

関連URL

日本語版

英語版

Classi 教育改革期におけるICT活用を考える会 10.27(土)東京会場にて開催!
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス