1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 速く正確に読み解く力の成果を判定「速解力検定」11月から実施

2017年9月15日

速く正確に読み解く力の成果を判定「速解力検定」11月から実施

速読トレーニングプログラム「みんなの速読」の企画開発を行う日本速脳速読協会 (SRJ)」は、11月1日から「速解力検定」を実施する。

0915-sd速解力検定は、「速く、正確に読み解く」という速読の力を鍛える上で、普段のトレーニングの成果を総合的に判定し、級・段を認定する制度。2006年から毎年6月と11月に実施されており、前回の今年6月には1万5000名以上が参加したという。

「速読・速解力」は学習スピード・基礎学力にも密接に関係していることが同協会の調査によって明らかになっているという。これを生徒に実感・理解してもらうために客観的に分析・検証し、その成果を称えることを検定の目的としている。

検定開催の概要

実施期間 : 11月1日 (水) ~15日 (水)
受検資格 : 同協会認定教室の速読受講生であること
受検方法 : WEB受検 (速読を受講する教室のPCで受検)
受検料 : 速読受講費用に含む

関連URL

速解力検定

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス