1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「みんなの速読」に音読トレなど低学年向け新機能を搭載

2019年3月27日

「みんなの速読」に音読トレなど低学年向け新機能を搭載

SRJは26日、速読トレーニングシステム「みんなの速読」に、低学年受講生の読書支援につながる「音読トレーニング」「速ドッグ文庫」などの新機能を搭載したと発表した。

0327-sd「みんなの速読」では、音読や目のトレーニング、脳トレなど、低学年に適したトレーニングを通して、学習の基礎となる能力や「読むチカラ」を鍛えることを目指している。

このたび搭載の新機能の1つは「音読トレーニング」。視読(かたまり読み)の速読トレーニングの前段階にある低年齢層や、文章を音読することが苦手な人(読み方が安定しない人)を対象とした、「すらすら読める」ようになるための基礎となるトレーニング。文章を見ながら、低速→高速→等倍速の朗読音声に合わせて音読の練習ができ、音読、熟読それぞれの読書速度も計測できる。

また、低年齢層でも楽しく続けられ、バランスよく能力を鍛えられるような「思考力トレーニング」も追加した。言葉をすばやく判別する力や瞬間的に情報を認識する力をトレーニングすることで、イメージ力を高め思考力を養成する。

さらに「速ドッグ文庫」では、「角川つばさ文庫」の人気作を含め「みんなの速読」内に搭載されている全コンテンツを試し読みすることができる。トレーニングを通じて良書に触れることで、実際の書籍を手に取って読んでみようという興味を育む。

同社では、速読トレーニングを始めてみたい人を対象に、全国の開講教室で無料体験を受け付けている。プログラムの詳細や最寄りの教室は「みんなの速読」HPから。

関連URL

みんなの速読

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス