1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「みんなの速読」に音読トレなど低学年向け新機能を搭載

2019年3月27日

「みんなの速読」に音読トレなど低学年向け新機能を搭載

SRJは26日、速読トレーニングシステム「みんなの速読」に、低学年受講生の読書支援につながる「音読トレーニング」「速ドッグ文庫」などの新機能を搭載したと発表した。

0327-sd「みんなの速読」では、音読や目のトレーニング、脳トレなど、低学年に適したトレーニングを通して、学習の基礎となる能力や「読むチカラ」を鍛えることを目指している。

このたび搭載の新機能の1つは「音読トレーニング」。視読(かたまり読み)の速読トレーニングの前段階にある低年齢層や、文章を音読することが苦手な人(読み方が安定しない人)を対象とした、「すらすら読める」ようになるための基礎となるトレーニング。文章を見ながら、低速→高速→等倍速の朗読音声に合わせて音読の練習ができ、音読、熟読それぞれの読書速度も計測できる。

また、低年齢層でも楽しく続けられ、バランスよく能力を鍛えられるような「思考力トレーニング」も追加した。言葉をすばやく判別する力や瞬間的に情報を認識する力をトレーニングすることで、イメージ力を高め思考力を養成する。

さらに「速ドッグ文庫」では、「角川つばさ文庫」の人気作を含め「みんなの速読」内に搭載されている全コンテンツを試し読みすることができる。トレーニングを通じて良書に触れることで、実際の書籍を手に取って読んでみようという興味を育む。

同社では、速読トレーニングを始めてみたい人を対象に、全国の開講教室で無料体験を受け付けている。プログラムの詳細や最寄りの教室は「みんなの速読」HPから。

関連URL

みんなの速読

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス