1. トップ
  2. 学校・団体
  3. くらしき作陽大学 作陽音楽短大、出願システム「Post@net」を導入

2017年9月19日

くらしき作陽大学 作陽音楽短大、出願システム「Post@net」を導入

京都電子計算は15日、同社のインターネット出願システム「Post@net (ポスタネット)」が、くらしき作陽大学 作陽音楽短期大学に採用され、受験生へのサービス向上や入試事務の効率化に活用されていると発表した。

QRコードを活用したPost@netの志願者管理

QRコードを活用したPost@netの志願者管理

くらしき作陽大学 作陽音楽短期大学は音楽学部、食文化学部、子ども教育学部の3学部がある岡山県では唯一の音楽系大学。

従来の紙出願では受験生情報のデータ化や管理を担当者が行っていたため、情報の誤入力などのリスクに悩まされていたが、インターネット出願ではすべて受験生本人が入力することもあり、リスクマネジメントの強化が図られた。

また、二次元バーコードで出願データと書類の紐付けを簡単に行えるため、作業の大幅な時間短縮が実現され、結果的に職員の作業時間削減につながったうえに志願者は昨年より増加したという。

関連URL

くらしき作陽大学 作陽音楽短期大学の導入事例

Post@net

 

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ