1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英語学習アプリ「POLYGLOTS」が「シャドーイング」機能リリース

2017年11月10日

英語学習アプリ「POLYGLOTS」が「シャドーイング」機能リリース

ポリグロッツは9日、英語学習アプリ「POLYGLOTS(ポリグロッツ)」の新機能として、英会話フレーズ・英文法学習の「Ordinary Day」で、自分の声を録音し、英語ネイティブの発音と比較できる「シャドーイング」機能をリリースした。

d10773-23-752567-3POLYGLOTSアプリ内で、英会話フレーズと英文法が学べる「Ordinary Day」では、日常会話をベースとした英会話フレーズ・英文法とその解説を週3回のペースで提供。そのコンテンツ数は250ユニット、3000フレーズを超える。

今回「Ordinary Day」のフレーズ1つ1つに英語ネイティブの音声を追加。また、音声認識による録音機能で、自分と英語ネイティブの発音比較ができるようになった。これにより、POLYGLOTSアプリは単語学習、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの英語学習がオールインワンで可能になる。

「シャドーイング機能」は、日常のさまざまな場面で使われる英会話を、自分が主人公になってシーンを展開しながら学べるコンテンツ。よくあるフレーズ集とは違い、日常のシーンの流れの中で、ネイティブがどの場面で、どのような表現で、どう使うのかを学ぶことできる。

また、各Unitの最後にネイティブ講師と日本人講師が、英文法の説明を交えながら解説。「受験英語ではこう習ったけど、ネイティブならこう言わない」などのニュアンスが習得できる。最後に理解度テストもある。理解度テストでは、音声認識によるテキストの入力が可能。

関連URL

アプリiOS版

アプリAndroid版

POLYGLOTS

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス