1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 武蔵学園データサイエンス研究所を設立

2017年11月14日

武蔵学園データサイエンス研究所を設立

根津育英会武蔵学園は13日、近年、日々大量のデータが企業や行政などの組織に蓄積されるビッグデータ時代に突入していることに鑑み、今年 7 月に「武蔵学園データサイエンス研究所」を設立したと発表した。来春、記念式典を開催予定。

また、今年 4 月には、武蔵大学社会学部で「グローバル・データサイエンスコース」もスタートさせている。

同研究所の主な事業内容は、データ分析を行う企業・団体などと大学、中学・高校の教育を結びつける連携事業、研究シンポジウムや講演会、セミナー開催などの研究事業、実務専門家と学園の教育を結びつける連携事業の3つ。

また「グローバル・データサイエンスコース」は、新しい時代の共通語である「データ」と「英語」をしっかり身に付け、社会と結び付けて分析できる人材を育成する4年間のコース。

1年次は海外英語研修などで英語力を身に付け、2年次ではデータを分析する力を磨く。培ったスキルを3年次以降は総合的に使える能力として精度を高め、卒業後はデータ分析を必要とされる企業や政府組織など、創造性の高い職種での活躍が期待されている。

同コース卒業者の具体的な進路としては、グローバル化に直接かかわる企業、商社・金融・証券・保険業、一般国内企業の海外進出部門、外資系企業の国内スタッフ、国内中小企業のグローバル対応人材、教育機関のグローバル対応人材(国際センター、留学関連部門など)、国内観光産業、広告代理店、自治体職員、まちづくり系企業、コンサルタント(都市計画、人材育成)、NPO・NGO 職員、国際機関職員 、社会起業家などが挙げられている。

関連URL

根津育英会武蔵学園

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス