1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 武蔵大学とADK、データサイエンス活用で学術交流協定を締結

2017年11月10日

武蔵大学とADK、データサイエンス活用で学術交流協定を締結

武蔵大学は9日、アサツー ディ・ケイ (ADK) と10月1日に学術交流協定を締結したことを明らかにした。

協定により、両者は学術交流を初めとする連携と協力を促進するとともに、我が国におけるデータサイエンス活用の裾野を広げ、科学技術と学術研究・教育の発展に寄与することを目的としている。今後は、学部・大学院・研究所レベルでの連携・協力まで対象を拡大していくことを予定している。

具体的には、武蔵大学の社会学部に今年4月新設された「グローバル・データサイエンスコース」でADKが保有する「生活者総合調査」などの調査データの提供を受け、授業でリアルマーケットの仮説検証・分析などを行っていく。

その他にも、同コースの受講生に向けてADKから派遣される講師によるデータ分析に関する授業も検討されるなど、両者が連携することで履修生のデータサイエンススキルを醸成していくとしている。さらに将来的には、同コースの授業に限らず、社会学部のゼミや卒業研究などでもADKから提供されるデータの活用を検討している。

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録