1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. リコー、ホールなどで投影できるハイエンドプロジェクター2機種発売

2017年11月16日

リコー、ホールなどで投影できるハイエンドプロジェクター2機種発売

リコーは15日、ハイエンドモデルのプロジェクターの新製品として、「RICOH PJ WU6480/X6480」の2機種を22日から発売すると発表した。

RICOH PJ WU6480

RICOH PJ WU6480

今回の新製品は、2015年8月に発売した「RICOH PJ WU6181N/WX6181N/X6181N」の後継機として発売。新たに2灯式ランプを採用することで、8800lmの明るさを実現し、50人~300人が集まるホールや講堂で高輝度投影ができる。

また、フルHD(1920×1080ドット)を超える1920×1200ドットの解像度で、映像の細部まで鮮明に投影することができる。

さらに、利用するシーンに合わせて選べる6種類のレンズを用意(オプション)することで、設置場所と投写距離に応じて、レンズ交換することも可能。

上下方向に360度、どの角度でも設置可能なチルトフリーも実現。例えば、天井から真下の床面に投影するなど、幅広い環境で利用することができる。縦置きに設置することで、縦長の映像を投影でき、またショールームや店頭ディスプレイでのサイネージ利用も可能。

新たに電動レンズシフト機構を搭載。本体の十字キーまたはリモコン操作で、投影位置を上下・左右に移動可能。天吊り設置後の投影位置の微調整などに利用できる。

関連URL

リコー

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録