1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト」の最終審査会12月開催

2017年11月20日

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト」の最終審査会12月開催

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト実行委員会は17日、「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2017 in Mitaka」の最終審査会進出者9組を決定し、12月2日に最終審査会を開催すると発表した。

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2017 in Mitaka」は今年7回目を迎え、全国の中高生がRuby言語で作成した作品を広く募集し、その技術力と企画力等の観点から優秀な作品を選出し表彰するもの。

作品は公式ウェブサイトで、7月15日から9月30日まで「ゲーム部門」と「クリエイティブ部門」(Webアプリケーション、各種ツール、ロボット制御等ゲーム以外のプログラム作品)の2部門で応募を受け付け、11月13日の一次審査会を経て、最終審査会に進出する9組を決定した。最終審査会では、9組が一堂に会し、公開プレゼンテーションを行う。

最終審査会進出者

・篠﨑 侑雅さん(愛媛県立松山工業高等学校 高2)
・千原 安司さん(愛媛県立松山工業高等学校 高1)
・県立岐阜商業高校EDP部(岐阜県立岐阜商業高等学校 高3)
・滝沢市立滝沢第二中学校科学技術部 science(岩手県滝沢市立滝沢第二中学校 中3)
・福永 蓮さん(愛媛県立松山工業高等学校 高1)
・高橋 良汰さん(愛媛県立松山工業高等学校 高1)
・長野県松本工業高等学校電子工学部IoT班(長野県松本工業高等学校 高3)
・二ノ方 理仁さん(東京都 小5)
・千田 小百合さん(岩手県 高3)

最終審査会の概要

開催日時:12月2日(土) 12:00~17:00(受付開始:11:30)
開催会場:三鷹産業プラザ [東京都三鷹市下連雀3-38-4]

観覧申込

詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス