1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. DMMがネットの健全化に向けセーファーインターネット協会に参加

2017年11月2日

DMMがネットの健全化に向けセーファーインターネット協会に参加

DMM.com は1日、セーファーインターネット協会に参加することを発表した。

セーファーインターネット協会は、ネット上での問題や悪用への対策を行っている団体。違法・有害情報の通報窓口である「セーフライン」やインターネットの安全利用を啓蒙する「ネットセーフティ」などの活動を幅広く行っている。

DMMはかねてから独自に自社の配信コンテンツの健全化に努めている。具体的には、DMM.R18における取り扱いの基準として、IPPA加盟法人と加盟審査団体により審査済みの作品に限定することや、アイドルやタレントの紹介をするだけのイメージ映像についても、18歳未満が出演する作品の取り扱いをすべて停止しているという。

同社では今回の協会参加にあたり、その取り組みや活動に全面的に協力し、同社のユーザーのみならず、すべてのインターネット利用者にとってよりよい環境を実現することを目指していきたいとしている。

関連URL

セーファーインターネット協会

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス