1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省、「プログラミング教育戦略マネージャー」採用を発表

2017年11月30日

文科省、「プログラミング教育戦略マネージャー」採用を発表

文部科学省は29日、生涯学習政策局非常勤職員の職名「プログラミング教育戦略マネージャー(仮称)」を採用すると発表した。

年度契約で採用期間は2017年12月26日~2018年3月31日の予定。業務の進捗状況や勤務実績等に応じて最大3年間任用更新が可。採用予定人員は1名。

プログラミング教育戦略マネージャーの業務内容は、小学校において2020年度から必修化としているプログラミング教育の支援のため、以下に定める業務に従事するとともに、以下の業務を統括するもの。
イ プログラミング教育支援に関する業務
・プログラミング教育支援に関する全体の企画立案関係業務。
・プログラミング教育支援に関する会議の開催関係業務。
・プログラミング教育支援に関する情報発信関係業務。
ロ 民間企業・団体等のプログラミング教材開発の促進に関する業務
・教材開発促進に資する方策の企画立案に関すること。
・教材開発促進に向けた施策の実施や委託業務管理等に関すること。
ハ プログラミング教育に関し、学校における外部人材活用促進に関する業務
・学校における外部人材活用促進に資する方策の企画立案に関すること。
・学校における外部人材活用促進に向けた施策の実施や委託業務管理等に関すること。
ニ その他プログラミング教育の普及等に関する業務

応募資格は、下記の通り。
以下の(1)~(4)のすべてを満たす者とする。
(1)民間企業、大学、教育委員会等における管理職相当の業務経験を有すること。
(2)関係者との調整等に当たり、十分なマネジメント能力を有すること。
(3)プログラミング教育を含む情報教育関係の政策に深い知見を有すること。
(4)パソコンを利用し、電子メール、一太郎、ワード、エクセル及びパワーポイント等による業務処理ができること。

応募締切は、2017年12月13日(水曜日) 必着。

関連URL

文部科学省生涯学習政策局非常勤職員(時間雇用職員)採用のお知らせ

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス