1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヤマハ、どんな曲でもコード表示するアプリがウクレレにも対応

2017年12月1日

ヤマハ、どんな曲でもコード表示するアプリがウクレレにも対応

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスは11月27日、同社のスマートフォン向け音楽再生アプリ「mysoundプレーヤー」(無料)のバージョンアップ版をリリースした。これにより、どんな曲でもコード表示する機能が更に便利になり、ウクレレ譜、コード編集などにも対応できるようになった。

1201-ymh「mysoundプレーヤー」は、音楽再生を通じて「新しい音楽に出会う」「音楽を深く知る」「楽器を楽しむ」といったサービス・機能を提供するアプリ。今年9月、ヤマハの音声信号解析技術を同アプリに組み込み、どんな曲でもコード譜を表示することができる機能を提供開始した。

今回、さらに便利に使えるよう、「ウクレレ譜」「コード編集」「半音/1音下げチューニング表示」に対応したバージョンアップ版をリリースした。

「mysoundプレーヤー」には、解析されたコードについて、そのコードの押え方を表示する機能がある。従来は「ギター」「ピアノ」「五線譜」に対応していたが、そこにウクレレを追加。コードにあわせて、ウクレレでのコードポジションを見ながら演奏することができる。

同アプリは、音声解析によるコード表示のため、曲調やアレンジによっては類似したコードが表示されることがある。今回、アプリの利用者自身で、自分好みの分かりやすいコードに変更できる機能が追加された。

また、ギター演奏時には、レギュラー・チューニング(6弦から1弦にむけてE,A,D,G,B,E)ではなく、そこから半音または1音下げてチューニングするケースもある。その場合でもアプリを手軽に使えるように、従来ある「カポ設定」に「半音下げ」と「1音下げ」を追加対応した。

関連URL

mysoundプレーヤー

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス