1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 家庭での幼児教育を促す知育アプリ「バードリル」の第4弾をリリース

2017年12月5日

家庭での幼児教育を促す知育アプリ「バードリル」の第4弾をリリース

グローバルウォーカーズは4日、知育アプリ「バードリル」シリーズの第4弾「おなじかずさがし」の配信を、11月29日からApp Storeで開始したと発表した。

d27037-5-235130-11「おなじかずさがし」は、200問以上の大ボリュームの問題と親しみやすいイラストを通じ、家庭でゲーム感覚で数が楽しく数えられるようになる知育アプリ。

複数の選択肢から同じ数の集まりを探し出す問題や、基準となる集まりに足し算要素が加わる応用問題などさまざまな問題が含まれている。

物の数を数えること、数を記憶して比較することを通じて、数や算数に対する親しみを促す。数が数えられるようになってきた子どもの次のステップとしてぴったりのアプリだという。

「バードリル」は、3~6歳を対象に、幼児教室に通わなくても「最高の教育」を家庭で体験してもらうことを目的に開発。全52単元のリリースを予定しており、格安で学習を進めることができるという。バードリルシリーズでは既に「法則」・「図形」・「量」に関する知育アプリをリリース。

「バードリル」には全ての単元で、簡単な問題から難しい問題まで幅広いレベルの問題が含まれており、問題セットを進めるごとに徐々に難しい問題に挑戦できるようになっている。

テスト機能も備わっており、3分という制限時間の元ランダムに出題される問題に対して、より多くの問題に挑戦できる。

関連URL

アプリ「子供向け計算ドリル 頭が良くなるバードリル」

グローバルウォーカーズ

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス