1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 松井秀喜氏、匿名相談アプリ「STOPit」のサポーターに就任

2018年1月10日

松井秀喜氏、匿名相談アプリ「STOPit」のサポーターに就任

ストップイットジャパンは10日、同社が展開する匿名でのいじめ相談アプリ「STOPit」のサポーターに、松井55ベースボールファウンデーションの松井秀喜氏が就任すると発表した。

松井秀喜氏、デレク・ジーター氏が出演するSTOPitポスター

松井秀喜氏、デレク・ジーター氏が出演するSTOPitポスター

2014年に米国で開発された「STOPit」は、いじめ撲滅を目指す現米大リーグマーリンズCEOのデレク・ジーター氏とジーター氏が創業者兼チェアマンを務める「Turn 2 Foundation」が支援を行なっている、匿名でのいじめ相談アプリや組織担当者の管理ツールなどからなるプラットフォーム。

日本では2015年からストップイットジャパンが展開している。現在、米国では約6000校330万名が、日本では31校約1万6000名が「STOPit」プラットフォームを導入してる。

松井秀喜氏は現役引退後も多岐にわたる社会貢献活動を精力的に行っており、松井氏が代表理事を務める「松井55ベースボールファウンデーション」もそのひとつ。「松井55ベースボールファウンデーション」の活動を通して、少年少女野球の発展や普及、少年少女の健全育成に努めている。

今回松井氏は、親交の深いジーター氏のいじめで苦しむ子どもたちを救いたいという想いに賛同し、「STOPit」のサポーターとしていじめ撲滅の取り組みに参画することを決めまたという。

松井55ベースボールファウンデーション、STOPit(米国)、ストップイットジャパンの集合写真

松井55ベースボールファウンデーション、STOPit(米国)、ストップイットジャパンの集合写真

今後の具体的な活動としては、教育機関用のポスターや地方公共団体が発行する広報誌及びビデオメッセージを通じて、子どもたちへメッセージを伝えていく。

教育機関用のポスターには啓発メッセージだけでなく文部科学省の24時間子供SOSダイヤルや法務省の子どもの人権110番も掲載し、STOPitを導入している全国の学校や自治体にて掲示していく予定だという。

□ ジーター氏と松井氏のメッセージ動画

関連URL

松井55ベースボールファウンデーション

ストップイットジャパン

立命館守山中学校・高等学校 ICT公開授業研究会 with Classi 2月9日(金) お申込は1月31日(水)まで
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録