1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 学習用ダンボールロボット「embot」、商用版の公式パートナーを募集

2018年1月11日

学習用ダンボールロボット「embot」、商用版の公式パートナーを募集

インフォディオは10日、実践的なプログラミングを手軽に楽しく学べるダンボールロボット「embot」の先行体験版の販売実証試験を終了したと発表した。

d27032-3-813220-0この販売実証試験は、キッズプログラマーのスターターキットを目指し、2017年7月29日から実施してきたが、想定を大幅に上回る反響があり、当初計画していた生産台数の5倍以上の予約があったという。

また、今回の販売実証試験の結果を踏まえ、先行体験版embotの客の声を反映し、改良を加えた本格商用版embotを2018年夏に発売する予定。これに伴い、embotの共同開発や販売協力を行う公式パートナーの募集を開始した。

embotは、NTTドコモの新規事業創出プログラム「39works」から生まれたダンボールでできたプログラミング教育用ロボットで、インフォディオはサービス提供・販売・運営を行っている。

ダンボールを用いたロボットを自由に組み立てることで電子工作やものづくりの基礎を学び、そのロボットをタブレットやスマートフォン上でのビジュアル・プログラミングを通じて子どもでも簡単に操作できる教材。

従来のデザインのロボット以外のものを組み立て、プログラミングで動かすような、自由にカスタマイズをしやすい形にするなどのハードウェア面での進化に加え、アプリ・ソフトウェア面でも、プログラミング初心者がより簡単に、より体系的にプログラミングが学べるコンテンツを充実させていくという。

関連URL

embot

公式パートナー募集の問い合わせフォーム

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス