1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. e-Craft、プログラミング教材「embot」を題材にしたアイデアコンテストを開催

2022年6月15日

e-Craft、プログラミング教材「embot」を題材にしたアイデアコンテストを開催

e-Craftは、全国の小学生を対象に、ダンボールで作るプログラミング教育ロボット「embot(エムボット)」を活用したアイデアを募集するプログラミングコンテスト「embot アイデアコンテスト2022」を開催する。

同コンテストは、今年で4回目の開催。7月1日~8月31日まで、「embot」アプリで作品を募集する。

募集内容は、タカラトミーが発売している「embot」に同梱されているコア、パーツ(サーボモーター2個、LEDライト赤色1個・緑色1個、ブザー1個)を使って自由に制作した作品。「embot」公式のクマ型に限らず、好きな造形を制作でき、他コンテストへの重複応募も可能。

「embot」は、ダンボールを用いたロボットを自由に組み立てることで、電子工作やものづくりの基礎を学ぶとともに、そのロボットをタブレットやスマホ上でのビジュアル・プログラミングを通じて子どもでも簡単に操作ができるプログラミング教育サービス。

コンテストの概要

作品応募期間:7月1日(金)~8月31日(水)まで
応募資格:小学1〜6年生(グループ応募なし)
エントリー費用:無料(応募時および選考段階でかかる費用はすべて自己負担)
応募形式:作品と作品を動かすプログラムを制作。作品や制作した意図や想い、工夫したポイントなどを説明するプレゼンテーション動画(5分以内)を撮影。プレゼンテーション動画の撮影が完了した後、「embot」アプリからプログラムと動画ファイルを送信すれば応募が完了
各賞:
・最優秀賞(1人):副賞「世界に1つだけの金ピカembot」
・タカラトミー賞(1人):副賞「タカラトミー玩具1万5000円分」
・e-Craft賞(1人):副賞「e-Craft社で1日開発者体験とAndroidタブレット」
・審査員特別賞(1人)
問合せ:info@embot-contest.com
詳細

関連URL

「embot」

e-Craft

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス