1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. キャスタリア、教育用ロボットの新機種「Ozobot Evo」限定発売

2018年2月13日

キャスタリア、教育用ロボットの新機種「Ozobot Evo」限定発売

キャスタリアは、Evollve Inc.(米国カリフォルニア州)の開発する教育用ロボット「Ozobot」(オゾボット)の新機種、「Ozobot Evo」(オゾボット エボ)の国内発売を10日から開始し、全国のMoMA Design Store 計8店舗と同オンラインストアで限定販売を行っている。

02120oz「Ozobot Evo」には、「スピーカーによる音声の再生」、「近接センサーによる周囲の物体の検知」「Bluetooth による遠隔操作」の3つの新しい機能がある。

Ozobot Bitとは、2015年にEvollve Inc. によって発売された小型ロボット。「ライントレース」と呼ばれる機能を備え、紙やタブレット上に書かれた線を辿って自動走行する。色を組み合わせたカラーコードを読み取らせることで、「右に曲がる」「一時停止」など自在に制御することができる。

さらに、ブロックプログラミング環境「OzoBlockly(オゾブロックリー)」を使用することで、タブレットやPC上で作成したプログラムを読み込ませてより複雑な操作をすることができる。また、JavaScript プレビューモードによってテキスト型言語の参照もできるため、アンプラグドからブロック、そしてテキストへと無理なく移行できる。

関連URL

MoMA Design Store

Ozobot

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録