1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. キャスタリア、プログラミング教育ロボット「Ozobot」販売開始

2016年11月1日

キャスタリア、プログラミング教育ロボット「Ozobot」販売開始

キャスタリアは1日、Evollve(米国)の発売する教育用ロボット「Ozobot(オゾボット)」を日本正規代理店として国内向けに販売を開始する。

紙の上の線を辿って自動走行するオゾボットビット。カラーの線の上では、同じカラーに発色する。

紙の上の線を辿って自動走行するオゾボットビット。カラーの線の上では、同じカラーに発色する。

「Ozobot」は、Evollve が2014年に開発した小型ロボット。ライントレースと呼ばれる機能を持ち、紙やタブレット上に書かれた線を辿って自動走行し、「Ozocode(オゾコード)」と呼ばれる色の組み合わせによるコマンドで「右に曲がる」「一時停止」などを命令として読み取り実行する。

2015年に開発された第二世代の「Ozobot Bit(オゾボットビット)」では、 Googleが開発するブロックを組み合わせてプログラムを作成できるブロックプログラミング環境「Google Blockly」を採用した 「OzoBlockly(オゾブロックリー)」 が追加され、タブレットやPC上で作成したプログラムをオゾボットビットに読み込ませて自由に操作できるようになった。

「Ozobot」は、コンピュータを使用しない教材としても、コンピュータを使用したプログラミング教材としても活用が可能。既存のプログラミング学習で生じていた「学習のステップ間の溝」を埋める潜在力が評価され、Googleがエンジニア向けに毎年開催するGoogle I/O 2016で取り上げられた。また、すでにアメリカ、韓国などで初等教育現場でのSTEM教育にも取り入れられているという。

現在、キャスタリアが上越教育大学と開始した初等レベルのプログラミング教育指導者を養成する履修講座「CodeEdu/(コードエデュ)」でも、「Ozobot Bit」を使ったコースを用意。受講生は半年に渡るモバイルラーニングとスクーリング、ワークショップの反転学習を通じて、プログラミング教育に重要な知識概念とプログラミング技術と教育方法を習得できるという。

関連URL

Ozobot

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス