1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. Ozobotのブロックプログラミングツール「オゾブロックリー」を公開

2017年7月19日

Ozobotのブロックプログラミングツール「オゾブロックリー」を公開

キャスタリアは18日、プログラミング教育に最適なマイクロロボットOzobotの、ブロックプログラミングツールOzoblocklyの日本語版「オゾブロックリー」を制作、公開した。

0719-ozOzobotは、2014年に米Evollve社により開発された小型ロボットで、「ライントレース」と呼ばれる機能を持ち、紙やタブレット上に書かれた線をたどって自動走行し、「オゾコード」と呼ばれる色の組み合わせによるコマンドで、「右に曲がる」「一時停止」などの命令を読み取り実行する。

OzoblocklyはOzobotに対応した無料のプログラミングツール。Ozoblocklyで作成したプログラムをOzobotに可視光通信で送ることで、ラインがなくても思い通りに動かすことができる。ブラウザで起動するためパソコン (Windows、Mac) でもタブレット (iPad、Android) でも実行でき、学校の備え付けのPCやタブレットの設定をわざわざ変更する必要がない。

日本語版であるオゾブロックリーには、通常の「日本語」のほかに、小学校低学年にも対応したひらがなバージョンの「にほんご」も用意されており、また入門・初級・中級・上級モードの4つのレベルがあって、発達段階に応じた使い分けが可能。「日本語」「にほんご」ともにAuto-Helpを使って、ブロックをクリックするたびに説明が読めるので、小学校低学年から高学年まで自分で調べながらやっていくこともできる。

関連URL

Ozobot

オゾブロックリー日本語・にほんご

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス