1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. Ozobotのブロックプログラミングツール「オゾブロックリー」を公開

2017年7月19日

Ozobotのブロックプログラミングツール「オゾブロックリー」を公開

キャスタリアは18日、プログラミング教育に最適なマイクロロボットOzobotの、ブロックプログラミングツールOzoblocklyの日本語版「オゾブロックリー」を制作、公開した。

0719-ozOzobotは、2014年に米Evollve社により開発された小型ロボットで、「ライントレース」と呼ばれる機能を持ち、紙やタブレット上に書かれた線をたどって自動走行し、「オゾコード」と呼ばれる色の組み合わせによるコマンドで、「右に曲がる」「一時停止」などの命令を読み取り実行する。

OzoblocklyはOzobotに対応した無料のプログラミングツール。Ozoblocklyで作成したプログラムをOzobotに可視光通信で送ることで、ラインがなくても思い通りに動かすことができる。ブラウザで起動するためパソコン (Windows、Mac) でもタブレット (iPad、Android) でも実行でき、学校の備え付けのPCやタブレットの設定をわざわざ変更する必要がない。

日本語版であるオゾブロックリーには、通常の「日本語」のほかに、小学校低学年にも対応したひらがなバージョンの「にほんご」も用意されており、また入門・初級・中級・上級モードの4つのレベルがあって、発達段階に応じた使い分けが可能。「日本語」「にほんご」ともにAuto-Helpを使って、ブロックをクリックするたびに説明が読めるので、小学校低学年から高学年まで自分で調べながらやっていくこともできる。

関連URL

Ozobot

オゾブロックリー日本語・にほんご

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス