1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミングロボットOzobot Evo、アベンジャーズシリーズで発売

2018年5月11日

プログラミングロボットOzobot Evo、アベンジャーズシリーズで発売

キャスタリアは10日、プログラミングロボット「Ozobot Evo」マスターパックのマーベルシリーズを、同日から新たに発売すると発表した。

Ozobot Evo マスターパック(キャプテン・アメリカ)© 2018 MARVEL

Ozobot Evo マスターパック(キャプテン・アメリカ)© 2018 MARVEL

キャプテン・アメリカとアイアンマンの2種類で、価格はともに1万7800円(税込)。先行販売されている「Ozobot Evo」の機能に加えて、アベンジャーズ専用特別ライトとサウンドが新たに追加された。

「Ozobot Evo」は、従来の線の上を走るライントレース機能やブロックプログラミング機能に加えて、アプリからBluetoothによる遠隔操作機能、さらに赤外線センサーで周囲の動きを感知するため、より自由度の高い高度なプログラムが構築できるようになった。

「キャプテン・アメリカ」のマスターパックには、「Ozobot Evo」クリスタルホワイト、キャプテン・アメリカアクションスキン 、スキンホルダー、フィールドシミュレータボード、キャリングポーチ、USB充電ケーブルが同梱されている。

また、「アイアンマン」パックには、「Ozobot Evo」チタンブラック、アイアンマンアクションスキン、スキンホルダー、フィールドシミュレータボード、キャリングポーチ、USB充電ケーブルが入っている。

「Ozobot Evo」は、Evollve Inc.が発売した小型ロボット「Ozobot」シリーズの第3世代。従来の、紙やタブレット上に書かれた線を辿って自動走行する機能「ライントレース」機能や、色の組み合わせによる命令機能「カラーコード」に加えて、音声の再生、近接センサーによる周囲の物体の検知、Bluetoothによる遠隔操作の機能を新たに搭載したモデル。

関連URL

購入サイト

Ozobot Evo

キャスタリア

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス